引越し手続きには何が必要?

引越しを行うことになってから、引越し当日までとても落ち着かなくなると思います。
引越しというのは、転居先に荷物を移すこと以外に、権利の移動も欠かせません。
それに関しては様々な手続きが必要とされ、届け出るのが間に合わないと転居しても不便なことが多くなるので、忘れないようにしましょう。

引越しをすることになったら、引越しする日を決めましょう。
これをもとに諸々の手続きの処理を始めることができるのです。
引越し日が確定しないと、手続きを開始したくても新しい住所への切り替えは不可能なのです。

引越しが急だと事務手続きが間に合わないこともあるので、できる限り引越し日までは充分な期間を確保して決定しましょう。

賃貸であれば、まず最初に引越し作業を頼む業者と不動産業者に連絡します。
賃貸では家賃の精算が必要なので、引越し日が決まったら即座に知らせましょう。
連絡を行った日が異なると、精算される金額が異なるので、契約書を見直して定められた期間までに手続きを済ませるようにしましょう。

手続きに関しては公共機関に出すものと違うものがあり、転出転入ともに届け出が必要になるものと転入の場合のみという手続きもあります。
引越し手続きには電話をするだけでOKなものと、窓口で行うもの、引越し当日に立ち会うものがあります。

郵便物については、郵便局への住所変更届を済ませれば新住所に1年の期間に渡り転送をしてもらえます。
郵便物は、かなりの期間旧住所に届けられるので、手続きは忘れることなく済ませておきましょう。

1年が過ぎてもまだ、旧住所に郵便物が配達されるケースでは、転送期間を1年延ばすこともできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です